ロンドン近郊アンティークマーケット巡り2018年3月12日

Visiting London neighboring antique markets

British loves antiques. As for one house, there is an antique shop in any small town and I drop in willingly and evaluate all. One which is attractive at time of the contact that not only a product of the only one not to be able to come across is found only then, but also the antique shopping talks with the owner of the shop. I listed the markets where it was easy to go to visit this time from London.

The antique shopping that I want to recommend to the which wants to look for a slightly special souvenir not to mention the person who is interested in an antique. It is a feeling of the best that various items line up in the market from the antique product which there is of the historic value to the handy product that a second hand (used) is near, but find out the treasure which is correct in from that one’s taste! Please come once.

イギリス人はアンティークが大好き。どんな小さな街にも一軒はアンティークショップがあり、みな気軽に立ち寄って品定めをしています。アンティークショッピングは、その時しか出会えないオンリーワンの商品が見つかるだけでなく、ショップのオーナーとお話しするふれあいの時間も魅力の一つ。ロンドンから足を運びやすいマーケットを紹介してみました。

アンティークに興味のある方はもちろん、少し特別なお土産を探したい方にもお勧めしたいアンティークショッピング。マーケットには、歴史的価値のあるようなアンティーク品から、セコンドハンド(中古)に近いお手頃商品まで様々なアイテムが並んでいますが、その中から自分のテイストに合うお宝を見つけ出すのは最高の気分! ぜひ一度訪れてみて下さいね。

ポートベローマーケット(Portobello market)

ロンドンでアンティークマーケットといえば一番有名かつ最大なのがここ、ポートベローマーケット。約2キロの道に1000店以上のストール(露店)が出店しています。アンティークだけでなく、エスニックグッズや果物、ストリートフードなど様々なストールが並ぶ活気あるマーケットですが、アンティーク狙いならばノッティングヒルゲート駅からの入り口付近がおすすめです。

観光客も多いですが、実は早朝はプロも取引をする本格的なマーケットです。とにかく様々な種類のストールがあるので、色々なものを見てみたい初心者にもおすすめ。2016年公開予定の映画「パディントン」に出てくるアンティークショップもあり、街自体が観光名所のようです。地下鉄ノッティングヒル・ゲート駅から徒歩約5分
マーケット自体は日曜日以外毎日開かれますが、アンティーク狙いならば土曜日に。いつも混雑していますが、比較的すいており品揃えも良い午前中がおすすめです。

カムデンパッセージ(Camden passage)

ロンドンの東側にあり、落ち着いた雰囲気ながらハイセンスなセレクトショップなどが軒を並べる街、エンジェル大通りから一本入った石畳の小さな路地がカムデン・パッセージです。小さな面積にぎっしり商品が並んでいるようなお店が多く、一見こじんまりしていますが、お宝はたくさん。

アクセサリーや陶磁器、シルバー製品など持ち運びが容易な商品も多いので、お土産探しにも。地下鉄Angel駅から徒歩約3分。アンティークマーケットは水曜、土曜開催。

アルフィーズ アンティークマーケット(Al fizz antique market)

こちらは約200の小さな店舗が4階建ての建物内に入った、インドアではロンドンエリア最大のマーケット。モダンアンティーク(20世紀以降の製品)の家具・雑貨を扱うショップが比較的多く、日常使いできる雑貨も多い、インテリア好きにはたまらない場所です。

人気のスージー・クーパーやシェリー社製セラミック用品を専門に扱うお店もあります。アンティークマーケットとしては営業時間が長く、また雨の多いイギリスで天候を気にしなくて良いのも観光客には嬉しいところ。屋上にはテラス席もあるカフェがあり、ゆっくり品定めできますよ。地下鉄Edgware Roadから徒歩約10分。火曜~土曜の10:00~18:00営業。

ケンプトンパーク アンティークマーケット(Kempton Park antique market)

ロンドン郊外、ケンプトン競馬場で毎月二回開催されるサンブリー(Sunbury)アンティークマーケット。通称のケンプトンマーケットの方が通じやすいかもしれません。こちらは競馬場の屋内、屋外で開催され、700以上のストールが
軒を並べる大規模マーケット。

家具の出品も多く、日本で人気のアーコール社製の家具が見つかることも。日の出とともに開店するストールが多く、プロのディーラーがトラックで買い付けに来ることも多いので、可能な限り早い時間に行くのが掘り出し物を見つけるポイントです。

ロンドンウォータールー駅より国鉄(National Rail)にて約45分、ケンプトンパーク駅 駅前すぐ
毎月第2・第4火曜日の朝6時ごろから開店、お昼前後で閉店(店によって異なる) マーケット開催日はホームページ等で確認することをお勧めします。