英国民投票EU離脱へ2016年6月27日

欧州連合(EU)からの離脱の是非を問う英国の国民投票は 23日午後10時(日本時間24日午前6時)投票が締め切られ、即日開票の結果、離脱派が51.8%、残留派が48.2%と離脱派がリードし離脱が決定!

離脱により、国民生活が左右されるだけでなく、第二次世界大戦後から続いてきた欧州統合の行方や世界経済に大きな影響を与えることは必至。

これに伴い円高が進み海外旅行や海外留学・研修は、更に増えると思われる!

1ドル=100円の世界で急激な円高基調にある。ユーロについてもポンドも急落傾向にあり海外に飛び立つチャンス!!

イギリスはビートルズの国。ビートルズ世代には、英国のEU離脱で、人々の「ヘルプ!」 “Help!”1965年7月発売が聞こえてくるが、「きっとうまくいくさ」”We Can Work It Out”1965年12月発売という曲もある。何事も「なせば成る。成さねばならぬ」とゆう事なのでしょうか。


Tommy