【アクロス国際ニュース】ロシア・極東エリア最新情報 2016年1月2016年1月19日

今回の特集は、ロシア・極東地域です。ユーラシア大陸の東の端に位置し、日本とは非常に近いながらも街並みや人々の様子はアジアよりもヨーロッパらしく「日本から一番近いヨーロッパ」とも呼ばれています。3日のお休みで気軽にヨーロッパ旅行気分が味わえる街、ウラジオストクについてご紹介いたします。まずは、地図で簡単にウラジオストクの位置についてご案内いたします。ロシア連邦沿海地方の南部に位置し、人口約63万人のこの地区で最大の都市です。尚、山口市と同経度ですが、時差は日本よりも1時間早く、GMT+10に属します。時差ボケになりにくい点も注目されます。日本からのアクセスは、下記3種類を主なルートとして選んでみました。

2

★シベリア航空(S7)

印象的なライトグリーンの機体を成田でご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?成田-ウラジオストク間の直行便は週に3回、日本航空とのコードシェアで運航中です。(Tue / Thu / Sun)

★大韓航空(KE)・アシアナ航空(OZ)

お馴染みのソウル、ICN乗換えで国内各地発着でツアーが組める点がどちらも人気です。便数はシベリア航空よりも多めですが、ソウル泊が必要なパターンも出てくるので、ツアー造成時はご注意ください。

★定期船(イースタンドリーム号)

クルーズ船を利用した旅行への注目が高まる中、オリジナリティのあるツアーのご提案には、海からのアプローチはいかがでしょうか? 鳥取県の、境港から韓国の東海(トウヘ)経由での定期船が就航しております。尚、ウラジオストクの港は不凍港ですので冬の旅行でもご利用可能です。 3

鷲の巣展望台  

市の中心にある山の中腹には『鷲の巣展望台』があります。展望台からは、金角湾の全景やウラジオストク市街地だけでなく、対岸のチョルキン岬を一望することができます。昼も景色はいいですが、夜景の方がより綺麗です。

4

軍港の街

 この町はソビエト連邦海軍太平洋艦隊の軍港として栄えて来ました。現在もロシア太平洋艦隊の本部が置かれいます。ウラジオストク要塞博物館、潜水艦S56博物館、軍艦クラスヌィ・ヴィンペルなど軍事関係の展示物を見学することができます。

5

ルースキー島訪問

 さらに2012年のAPEC首脳会議の会場となったルースキー島へ、ルースキー連絡橋(1104m)を渡って観光や郊外のロシア人の別荘(ダーチャ)への訪問をお勧めします。フルシチョフがウラジオストクを訪れた際に、ここを極東のサンフランシスコにすると発言したようですが、それが達成できているのかどうか、ご確認ください。

6

ウラジオストク鉄道駅とウラジオストク発のシベリア横断鉄道

ウラジオストク駅はシベリア横断鉄道の東の終着駅になります。駅では、モスクワからの距離「9288km」と記されたキロポストやかつて使用された蒸気機関車を見ることができます。(※ただし、実際には 9,288kmではないそうです)また、駅構内の天井には、ウラジオストクの街と西の終着駅であるモスクワの街が美しく描かれています。 シベリア横断鉄道は、全長9,298.2kmの世界最長の鉄道です。ウラジオストクからモスクワへはロシア号(001号)が基本的に偶数日に運行しています。所要日数は6泊7日(145時間59分)かかります。ハバロフスクやエカテリンブルクなどの大都市では30分以上停車します。座席のクラスは3等までありますが、日本のお客様は1等か2等をご利用されます。1等は2名1室利用のコンパートメント、2等は4名1室利用ののコンパートメントになります。基本的にバス・シャワーなど気のきいたものはありません。モスクワまで乗り続けるのであれば、体を拭くためのウェットティッシュや水を使わないシャンプーは必需品となります。レストランはありますが、決していいサービスを提供しているとは言えません。 シベリア鉄道のハイライトは、ウランウデからイルクーツクまでのバイカル湖畔を並走する区間ですが、ロシア号を利用する場合は、丁度日が落ちている時間帯に走行しているので少し残念です。 ロシア号以外の主な列車ですが、ロシア号が運行しない奇数日にノボシビルスクまで007号が運行されています。ハバロフスクまでは、001号、007号以外にオケアン号(005号)が毎日運行されています。オケ号には1等車を超えるクラスがあり、コンパートメントにシャワーとトイレがついています。 ちなみに、シベリア鉄道の時刻表はモスクワ時間表記になります。現地時間の何時に到着、出発するかは、モスクワ時間との時差分を足さなければなりません。例えば、オケアン号のウラジオストク出発時間は時刻表では、14:00です。モスクワとウラジオストクの時差は7時間なので、オケアン号のウラジオストク出発時間は、現地時間では21:00になります。 一生に一度くらいは乗られて見るのもいいかと思います。鉄道が大好きな人以外は短い区間でいいと思います。

(引用元:サロンゴ

7

親しみやすさと異国情緒が融合する国で学んでみませんか?

詳しいご説明は当センター・留学担当スタッフまでお問い合わせください。

□■□■□■ロシア留学ならアクロス国際教育センター□■□■□■