ビール純粋令500周年とドイツの歴史古都2015年12月12日

大聖堂や古城、宮殿、庭園を無数に抱えるドイツ歴史古都連盟の町々ほど魅力的な観光地はないでしょう。ビールには目がないという方には、なおさらです。ドイツ人のビール好きは有名で、醸造所もいたるところにあります。ドイツ歴史古都連盟には、中世以来ビールは水より安全な飲み物として生活の一部となっている都市が数え切れないほどあります。ドイツでは、ビールは地方ブランドが主流で、全国ブランドは数えるほどしかないことは、あまり知られていないのかもしれません。ビールの味わいとドイツの歴史・文化をぜひお楽しみください。

ビールにまつわるドイツ発見

2ドイツの歴史古都を巡るハイライトとして、大聖堂、居城、宮殿の庭園などよりも魅力的なものがあるでしょうか? 訪問者の嗜好にもよりますが、ひとつあります。ドイツのビールです。ドイツ人がビール好きであることはご存知だと思います。そして、これほど多くの醸造所があることにも驚かれるかも知れません。世界中で愛されている、数千年の歴史ある黄金色の麦芽汁はドイツの国民的な飲み物として考えられています。しかし、ドイツのビールがとても郷土色の強い飲み物であることについては、あまり知られていないようです。ほとんどのビールは、その土地を離れると、手に入れることがむずかしい地方の特産品です。ビールにまつわる発見の旅にでかける楽しさはここにあります。どこに出かけても、聞いたこともないビールが1種類は必ずあると思います。醸造所の訪問やビール醸造家との出会いを通して地ビールを極める休暇の計画を立てるには、コツとセンスが必要かも知れません。多くのビール愛好家はビールと知り合いになりたいと願っています。ビールを飲む楽しさは、人と交わる楽しさ。何と言っても、地元の人たちと知り合いになることなのです。ドイツには、ミュンヘンのオクトーバーフェストだけではなくても、傑出したビールと知り合える場所が数多くあります。このような珍しいビールの産地を訪問して、地方の特色を発見しませんか。大量生産の全国ビール醸造会社はちょっと避けて、600年以上の歴史を有する家族経営の醸造所に目を向けて見ましょう。ドイツにある醸造所1339社の90%は個人経営。それがドイツビールの多様性の大きな魅力となっています。ビールの味、歴史、そして文化を探索して、これまで味わったことのないドイツの歴史古都のハイライトをぜひ体験してください。具体的な情報は、私たちが提供します。

詳しくはこちら